中野渡有圭子のアイソトープ電池日記

食物繊維は食べ物のカスだけど体にいい

 

食物繊維とは、食物の中で人間の消化器官では消化されない成分である。

 

食物繊維は食べ物のカスで、ダイエタリー・ファイバーとも呼ばれ、人の消化酵素では分解されず、便とともに排泄され、エネルギー源としては役に立たないと言われてきた。

 

しかし食物繊維は、便秘や肥満の改善 予防、大腸ガンなどの生活習慣病の予防に役立つ栄養素として、

 

「ビタミン・ミネラル・ たんぱく質・脂質・糖質」の5大栄養素に次ぐ“第6の栄養素”として注目を浴びている。

 

脂肪性食品の多い現代人の食生活には、欠くことができない重要な栄養素である。

 

 

食物繊維といえば体の中をきれいにするとか、特に女性はダイエットにいいというイメージを思い浮かべるのではないだろうか?
食物繊維には、水に溶けにくい不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維の2種類がある。

 

不溶性食物繊維は野菜やキノコに多く含まれ、腸の働きを活発にして、有害物質を外に追い出す働きが強い。

 

セルロース・ヘミセルロース・不溶性ペクチン・リグニン・イヌリン・キチンなどがある。

 

水溶性食物繊維は果物や海藻に多く含まれ、糖の代謝やコレステロール濃度を正常にする働きが強い。ペクチン・マンナン・アルギン酸などがある。
duoザクレンジングバーム楽天の情報が掲載されているWEBはこちら